FC2ブログ

金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛情がなければ・・・

どんな子どもでも愛情がなければ安心して生きて行くことができません。子育てに最も大切な要素は、当たり前のことですが愛情です。でも、その愛情はなにもせずにいて自動的に伝わるわけではありません。

私の友人で、子どもを今どき7人も育てているベテランのお父さんが、とても興味深いエピソードを話してくれました。「末の娘のマリが4歳の時のことなんだけど、ある晩、真夜中の2時頃に突然シクシク泣き出したんだ〜。
『一体どうしたの?』って聞くと、マリは何も答えてくれないんだ。僕は心配になってオデコに手を当ててみたんだけど、熱は全くないし・・・。『じゃあ、おなかでも痛いの? それとも怖い夢を見たのかな?』といろいろ尋ねてみたけど、娘は本格的に声をあげて泣くばかりで、頑として理由を話してくれなかったんだ。

そうやってただ時が過ぎるばかりで、僕はだんだん翌日の仕事のことが気になり出したんだ。なぜって、時刻はもう4時を回っていて、翌日は大事な仕事があるのに、このままじゃ睡眠不足で仕事にならないってね。でも、ついに僕は覚悟を決めて娘に言ったんだよ。『パパはわけが分からないけど、今夜はマリが泣き止むまでずっと寝ないで付き合うからね』って。そうしたら、驚いたことに娘は泣き止んで僕にこう言ったんだよ。『パパは本当にマリのこと愛してる?』って。ぼくはもう天地がひっくり返るような衝撃を受けたね〜。自分が父親から本当に愛されてるかどうか確かめたくて、わずか4歳の娘が2時間以上も泣き続けて頑張ったんだからね〜。たぶん、自分の上に6人も兄弟姉妹がいるから、自分のような者が本当に愛されているだろうかって不安になったんだろうね〜」

そう言って彼は、親の愛情をひとり一人の子どもに分かるように伝えることが、どれほど重要なことか話してくれました。
  1. 2014/08/12(火) 21:44:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

うちは下にばかり手も意識も取られて1番上が自分に愛情はあるのかと思っている感じが私はしてしまいます。それぞれにわかるように愛情を伝えたいと思います‼
  1. 2014/08/13(水) 16:51:18 |
  2. URL |
  3. 山中めぐみ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/234-aa99cc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。