FC2ブログ

金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本は脱原発に舵を切れるか?

都知事選に出馬がささやかれていた細川護煕元首相が、脱原発を選挙戦の争点に掲げて立候補する意思を表明しました。原発をめぐる僕の立場はこれまでも何度かブログに書いてきた通りなので、今回の細川氏の決断に心から敬意を表します。また、かつては原発を推進する立場にあった小泉元首相ですが、今は180度考え方を変えて細川氏を強力にバックアップし、東京都から国政を動かそうとしていることにも拍手を送りたいと思います。また、今回の出馬にはあの池上彰さんの助言が大きく貢献したと伝えられています。「池上さん、ありがとう!」と言いたいです。

ファミリー・トークという番組で、家族や子どもたちの幸せについて毎日お話している僕としては、なんとしても安全性も将来性もない原発に日本がいち早く終止符を打つことを切に願っています。だから、今回の都知事選からは目が離せません。

ところで「国政の問題を都政に持ち込むのはいかがなものか」などという主張がありますが、圧倒的多数の安倍政権が原発再開につき進む中で、その流れをなんとかして変えることができる手段があるとしたら、それはいま東京都しかないでしょう。東京の経済規模はなんとお隣の韓国よりも大きいのです。「たかが東京、されど東京」なのです。東京が原発に頼らずに別のエネルギーだけでやっていけることを実証すれば、それは大変な影響力となります。やがて大多数の国民が、いや世界の人々が脱原発の正しさを確信することになるでしょう。そして、原発で甘い汁を吸い続けてきた原子力村は一気に崩壊するでしょう。

例によって経団連の米倉氏は、「経済や産業を考えたら脱原発、反原発なんてあり得ない」などと近視眼的な主張をくり返しています。そもそも、「反原発イコール反経済」という物の考え方が間違いです。日本の経済や産業が将来的に世界をリードしていくためには、いまエネルギー革新を起こすことこそが必要であって、悲惨な原発事故を経験した日本だからこそ、その千載一遇のチャンスを握っているのです。新エネルギー技術を確立すれば、危険な原発を他の国に輸出する代わりにそれを世界中に輸出できるし、今ある原発を廃炉にしていく過程で身につけていく原発解体の技術を、今後世界中に提供することができます。それらは、すべて日本の産業と経済を強力に活性化させることが出来るでしょう。

僕は東京都民ではないので、残念ながら票を投じることはできません。ただただ、細川氏が当選することを祈るばかりです。

  1. 2014/01/14(火) 19:49:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/214-fe219e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。