金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

父が亡くなりました

7月28日午前10時36分、父が息を引き取りました。88年と10ヶ月の生涯でした。

約3ヶ月前の4月19日に入院して以来、ベッドに寝たきりの父でしたが、今朝、最後に大きく息をした後、眠るようにこの世を去りました。入院中は一度も痛みや苦しみを訴えることも無く、本当に穏やかな最後を迎えることが出来たことを、心から神様に感謝しています。昨年の暮れに亡くなった母と同様クリスチャンであった父ですから、今は天国で母とも再会し喜びを噛みしめていることと思います。

母がなくなった時は、重い肺炎で息も絶え絶えに苦しむ姿を後にして、北海道での講演会に出かけて行き、死に目にも立ち会うことができませんでした。そのため、心の整理がつくまでにずいぶんと時間がかかりました。でも今回はとても平安な気持です。誰にとっても親を失うことは悲しいことですが、こんなに理想的な見送り方が出来て本当に幸せだと感じています。いつか僕もこの世の旅を終えて両親に再会できることを期待しつつ、これからの人生を頑張って生きていこうと決意を新たにさせられました。

これまで父のことで、お祈りやご心配をいただいた多くの皆様に、ここで心から感謝申し上げます。

(3年前の夏、北海道の講演会ツアーに同行したときの父と母)
GRP_0042.jpg


  1. 2013/07/28(日) 20:50:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

ご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2013/07/30(火) 11:15:33 |
  2. URL |
  3. 新里 #-
  4. [ 編集 ]

お父様、安らかに天に召されたんですね…。先生、ご家族皆様の上に、神様の大きな慰めと平安がありますよう、心からお祈りしていますm(_ _)m先生ご自身の心と体が守られ、今後の講演会とラジオの収録も神様に用いられますよう、お祈りしています☆
  1. 2013/07/30(火) 11:24:02 |
  2. URL |
  3. なおみ #-
  4. [ 編集 ]

天国でもこの写真のお二人のように、お母様とお父様がいつまでも寄り添って心穏やかに過ごされますように。

金子さんもどうぞお体無理せずラジオや講演会、それから歌とこれからも全国の私たちに素敵な金子さんの声を届けて下さいね。

私たちはいつでも楽しみに待っています。
  1. 2013/08/02(金) 08:06:31 |
  2. URL |
  3. 淡雪小雪 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/197-d732d4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。