金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供を叱る大人たちの責任

僕が小さい頃、子供たちが悪いことをすると、親はもちろん、近所のおじさんやおばさんからも叱られたものです。でも、最近はそんな大人たちが滅多にいなくなりました。

ある年配の女性からこんな質問をされました。「もしも近所の子どもが良くないことをしていたら、親でなくてもその子を注意した方がいいんでしょうか?」と。「何か具体的に問題を感じる出来事があったんですか」聞くと、彼女はこう話してくれました。

「この間、歩いて買い物に行く途中、2人の男の子とすれ違いました。一人は自転車に乗っていて、もう一人はなんと裸足で、靴は手に持って歩いてるんです。でも、そこは砂利道だったので痛い痛いと言いながら歩いてました。私、びっくりして『どうして靴はかないの?』と声をかけると、『あっ、これ僕の靴じゃないし、それにこの靴壊れてるんです』と答えました。『え! じゃあ誰の靴?』と聞くと、自転車に乗っている男の子を指差しました。私は一瞬頭が真っ白になって、『それじゃ、自転車に乗ってる子がはいてる靴は誰のなの?』と言いました。すると裸足の子はうつむきながら『僕のです』と答えました。私は唖然として、自転車の子に言いました。『あなたねー、この砂利道を裸足で歩いたらどんなに痛いか分からない?!しかも、あなたは自転車で、おまけにこの子の靴まで奪い取って、あなた、それで心が痛まないの!? 今すぐ、自転車から降りて靴を返してあげなさい!』するとその子は『うっせーな!  関係ねーだろー』と吐き捨てるように言ながら、逃げ去って行ったんです。金子さん、私、よその子をそんな風に注意して、おせっかいだったんでしょうか?」

私は、答えました。「いや、お話をうかがって僕は嬉しくなりましたよ! そういう大人がいてくれてホッとしました。僕が、その場に居合わせたら、自転車の子の首根っこを捕まえて、親の所まで行ったと思いますよ。」
  1. 2013/05/31(金) 14:03:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

僕は、昭和61年産まれで、ほとんど平成時代の記憶しかありません。ですが、僕が小さい頃は近所の人に怒鳴られていました。
僕も、注意する事がたまにありますが、今の時代、後で仕返しされないか怖くなる事があります。沖縄でも田舎の方に行くと頑固親父がたまにいます。
  1. 2013/06/06(木) 07:31:54 |
  2. URL |
  3. 新里 #vD2be1/o
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/195-42efd349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。