金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母が亡くなりました

多くの皆さんにご心配いただいたのに、残念ながら昨夜(12月9日、
日曜日の夜8時55分)母が亡くなりました

昨日の日曜日、私は北海道の網走に近い大空町で、今年最後の講演会を
していたのですが、話をしている間中、ポケツトの中の携帯電話を気に
していました。それは、その日、私の母が重度の肺炎で危篤状態にあっ
たためでした。

水曜日の夜、母に別れを告げた時点では、まだ容態は安定していたので
すが、北海道に入った翌日には、ようやく治りかけていた肺炎が再発し、
呼吸が苦しくなってきていると妹から連絡が入りました。そのため、最
終日(日曜)の講演会が終わったら、すぐ飛んで帰るからそれまでなんとか
無事でいてほしいと祈るような気持ちでいっぱいでした。

幸いなことに、大空町での最後の講演会が終わるまで、携帯は着信する
ことなく、本当にほっとしました。しかし、会が終わってすぐ、こちら
から母の容態を携帯で確認すると、人工呼吸器で濃度の高い酸素を送っ
ても、それを血液中に取り込む能力はすでに乏しく、血圧もギリギリの
ラインにまで低下しているということでした。

私は、午後1時に会場を後にして、レンタカーで千歳空港までの長い道
のりを走り始めました。ところが、その日の北海道は記録的な猛吹雪で、
千歳までの道は、頼みのつなの高速道が山間部では通行止めになって
いて、150キロも迂回しながら一般道で険しい山を越えて行かなければ
なりませんでした。無我夢中で8時間も走り続け、夜の9時頃、やっと
千歳に近づいた時、妹から母が亡くなったという知らせが入りました。
残念ながら、私は母が生きているうちに帰宅することができませんでし
た。

でも、みなさん、こんな状況でも、僕が講演会をキャンセルせずに出か
けて行ったことは、母の強い願いでもありました。私の両親は去年の夏、
私の講演会に同行して道内各地をめぐり、多くの方々が熱心に話を聞き
に集まって来られる姿を目にしました。以来、母は「あなたの仕事は
とても大切な仕事だから、何があってもやめてはダメよ」と
くりかえし僕に伝えていたのです。だから、これで良かったとのだと思
います。

母は僕が大空町の講演会で話していることをちゃんと知っていました。
だから、きっと今年最後のその講演会が無事に終わるまで、心配させな
いようにと、一生懸命最後の力を振り絞っていてくれたのだと思います。
そう思うと、涙が溢れました。そして、一人で車の中で泣きながら「お
母さん、こんな僕だから、いままで苦労ばかりかけてごめん。小さい頃
から僕のためにずっと良くしてくれて本当に有難う」とつぶやきました。
すると、その瞬間、母が優しい声で「うん、いいのよ」と言ってくれた
気がして心が軽くなりました。

生まれたばかりの私と26才の母
mother.jpg

  1. 2012/12/10(月) 20:59:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

先生へ

こんばんは。
先日よりずーっと心配していて何度も何度も先生のブログを確認いていました。なんてことでしょう。本当に残念でとても悲しいです。遠いところで、しかも大変なお天気の中どんなにか先生がこの数日、辛いお気持ちでいらっしゃったかと思うと、私はただただ涙が流れるばかりです。
それなのに先生は、辛い顔するどころか、むしろ私たちを明るく元気にしてくれていましたね。先生のそんな日々の姿をお母様はきっといつでも誇らしくお感じになっていらっしゃったのではないでしょうか。
大切なお写真を掲載てくださって、ほんの少しですが、私も先生とお母様のことを想像してみることができます。ありがとうございます。目元や口元がとても先生によく似ていらしゃいますね。先生にもこんなに小さな時があったのですね。可愛いですね。
私も、遠くからですが、お母様のご冥福をお祈りするとともに、先生はじめご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  1. 2012/12/10(月) 22:08:24 |
  2. URL |
  3. 淡雪小雪 #KKhd1Ueo
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/12/10(月) 22:23:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

遥かなる我が家

先日は先生に初めてメッセージを送りました。ご両親の回復を喜んだ矢先でしたのでとても残念です。

道東では珍しく重たい雪が降り続き昨日から除雪しても除雪しても追いつかないくらいの状態でした。だから富良野から大空町へ無事たどり着いたのだろうかと心配していました。

このような緊急事態の中、なれない土地でしかもこの天候で車で千歳まで・・・その間の心中を思うと胸が張り裂けそうです。

でもお母様は先生のご活躍を心から誇りに思っていたのでしょうね!安心して旅立たれたことと思います。きっとそうですよ!!

元気出してくださいネ

先生の優しい声をラジオの前で待ってますから!










  1. 2012/12/10(月) 23:12:36 |
  2. URL |
  3. あばずれ44 #-
  4. [ 編集 ]

お母様、天に召されたんですね…。先生、ご家族皆さんに神様からの慰めと励ましがありますよう、心よりお祈りしています。昨年の講演会にご両親が見えられた時、私もその会場にいました☆優しい笑顔のお母様と少し緊張した表情のお父様。微笑ましいご夫婦の姿に「なるほど。だから先生のような息子さんが育つのね。」と納得していました。先生 吹雪の中での運転 お疲れ様でした。ラジオでのお話、楽しみにしています。
  1. 2012/12/11(火) 15:37:49 |
  2. URL |
  3. なおみ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

なおみさん
講演会で私の母に会っておられたんですね〜
あの時が懐かしいです。
母のためにも、はやく立ち直って頑張りたいと思います。
  1. 2012/12/12(水) 11:38:56 |
  2. URL |
  3. 金子耕弐 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/172-6049ed0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。