金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大変な1週間でした!

11月8日(木)、このところ不調をうったえていた88才の父が緊急入院
しました。医者から「極度な貧血状態にあるので、すぐにも輸血をし
ないと命が危ない」と言われてしまいました。

父は、8年前に大腸ガンの手術をし、その4年後に肺への転移が見られ
ましたが、先進の定位放射線治療の結果、その後は問題なく生活して
いました。ところが、半年ほど前からかなり血色が悪くなり、歩くの
も辛く感じられるようになり、ついに先週の木曜日に重篤な状態に陥
って急遽入院せざるを得なくなりました。

病院に駆けつけると、いきなり医者から「延命治療を希望されますか?」
と尋ねられ、頭が真っ白になりました。しかし、幸いなことに、精密
検査の結果、医者の悲観的な見立てに反して、ガンの再発などは一切
見つからず、原因は長期に渡る胃潰瘍によって、胃の中で出血が続い
てきたことによる極度の貧血状態であったことが判明しました。
早速、そのための治療を行なったところ、血色もみるみる良くなり、
なんと5日後には退院することができるほどにまで回復することが出来
ました。一時は、父を亡くすことを覚悟しましたが、幸いにも危機を
乗り越えることが出来て安堵しました。

と、、、ところがです、心配しながら毎日父の世話をしていた母が、
その疲れから免疫力を低下させてしまい、父が退院する前日の12日月曜
日になって肺炎を起こしてしまい、入れ替わりに緊急入院することに
なってしまいました。レントゲン撮影では、肺の一部が白くなって少し
水が溜まった状態が認められました。ただし、その時点ではまだ本人は
意識がしっかりしていました。

ところが翌朝、事態が急変しました。6時過ぎに病院からの連絡で起こ
されました。容態が急変して命が危ないのですぐに来てほしいとの電話
でました。びつくりして駆けつけましたが、病室には酸素マスクをしな
がら苦しそうに息をしている母の姿がそこにありました。入院してわず
か半日ほどで肺炎が肺全体に広り、胸には完全に水が溜まって、ほとん
ど溺れている状態と同じだと当直医から説明されました。

治るんですかと尋ねると「手の施しようがありません。延命を希望され
ますか?」と父の時と同じ質問をされてしまいました。その後、専門医が
出勤してきて、酸素マスクから人工呼吸に切り替えられ、口から管を入
れて強制的に肺に酸素を送り込むための処置がなされました。「一応、
考えうるすべての処置を施しますが、いつ心肺停止になるか分からない
危険な状態なので、ご家族全員に連絡してください」と告げられました。

その後は、集中治療室で10本近い点滴のチューブをつながれ、苦しく
なって暴れた時にそれらを引き抜いてしまうことがないようにと、両手
をベッドの手摺に縛り付けられてしまいました。本当に見るに絶えない
光景でした。

そんな状況の中でしたが、母の命の心配と同時に、僕にはもう一つ別の
心配事がありました。実は、16日金曜からは北海道での10日間に渡る
講演会ツアーが予定されていたからです。医者からは、いつ呼吸が止ま
るか分からない状態なので、できれば30分以内に駆けつけられる場所で
待機していてくださいと言われましたが、まさか講演会をキャンセルす
ることなど考えられなかったからです。不特定多数の方々が、色々な所
から集まって来られますから、その方々が講演会に来てみたら「中止だ
った」というわけにはいかないからです。ほんとうに今回ばかりは、ど
うして良いか途方に暮れました。

でも、母の気持ちをいろいろ想像してみた結果、たとえどんな状況でも
16日には北海道に向かうことが正しいことだと感じました。きっと、母
の意識がはっきりしていたら「あなたには大切な仕事が待っているから、
私のことを心配しないで、話を聞きに集まって来られる人たちのもとに
行きなさい」と言われるに違いないと思ったのです。

そう確信したのは、昨日13日の夜のことでしたが、今朝になって、急に
母の容態が好転し、奇跡的に危機を乗り越えて回復に向かい始めました。
午後になって、担当の医師から「多分もう大丈夫でしょう。これから徐々
に良くなって来ると思いますから、心配しないで北海道の出張に行ってか
まわないと思いますよ。まだ10日間くらいはICUでの治療が続きますが、
特別なことが起こらないかぎり命の危険はもうないでしょう」と言われま
した!!!

思えば、先週の木曜日から今日まで、なんという一週間だったことでしょう
か。今は、ほっとすると同時に、気が抜けてどっと疲れが押し寄せて来てい
ます。でも、とにかく今は、ただただ神様に感謝するばかりです。

というわけで、今週末からはリスナー向けの講演会やその他の講演会のため
に道内各地を回りますが、皆様ご都合がよろしければ是非お出かけください。
  1. 2012/11/15(木) 00:09:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

コメント

お久しぶりです!今年、帯広でお会いして 翌日まさかの芽室での再会をしましたが 覚えていらっしゃいますか?先生のご両親、危機的状況からの回復、本当に感謝ですね!神様って人の想像を超えて働きますよね。実は私の娘(小学2年生)も10月末 マイコプラズマ肺炎にかかって 一週間 熱が続いていました。今は元気になり感謝です。今、幼児と高齢者にマイコプラズマ肺炎と腸炎が流行っているようです。先生やご家族皆さんの健康が守られ、北海道での日程が無事に終えられますよう、お祈りしています。峠は積雪もあるようです。移動中の運転も守られますよう、重ねてお祈りしています。
  1. 2012/11/15(木) 20:34:12 |
  2. URL |
  3. なおみ #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。

こんばんは!今日から北海道に来てるんですか…
たくさん心配事があるようですが寝不足風邪などに気を付けて北海道のお仕事頑張って下さいね。私も今ゎぜんぜんラジオを聴く事が出来なくて寂しいです。お母様が早く退院出来る事願ってます。
  1. 2012/11/16(金) 22:50:02 |
  2. URL |
  3. 秀子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: お久しぶりです。

秀子さん
その後お元気ですか?
ラジオは聞けない毎日なんですね〜
これから長い冬ですが、秀子さんも頑張ってくださいね!
  1. 2012/11/17(土) 07:19:53 |
  2. URL |
  3. 金子耕弐 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました!

こんばんは。
本日は北見に講演に来て下さりありがとうございました。
ご両親が大変な中、よく決断して来て下さいました。
回復されて本当に良かったです。。。

私と母と2児の母である妹と一緒に参加させて頂きましたが、心温まる。。素敵なお話でした。
母も妹もとても感激していましたv-352
言葉って大切ですね。。。反省。
とても勉強になりました。

子供がいない私なので、目に入れても痛くない甥っ子姪っ子ですが、温かく傍で見守りますね。

今まで通り主人と仲良く寄り添って、
そしてとても優しい義理の両親ともずっと仲の良い関係で
いたいと改めて思いました。

どうかお体にお気をつけて。。。
お母様が早く退院できるよう願っています。
ラジオこれからも楽しみに聴かせて頂きますね。




  1. 2012/11/17(土) 23:37:19 |
  2. URL |
  3. まる*ひろ #pamUQ3n2
  4. [ 編集 ]

為になりました

今日、エンディングノートについて質問した者です。次回、網走に来られる時、何かお手伝い出来ることはありませんか先生の話はとても
為になりますので、もっと多くの子育て中の方に聞いてほしいです。
  1. 2012/11/17(土) 23:43:04 |
  2. URL |
  3. ゆきえ #f7kVhtcg
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとうございました!

まる*ひろさん
昨夜は来て下さってありがとうございましたm(._.)m
こうしていろいろな方々と出会えることが、僕にとっては何よりも嬉しいです。
今日はまた遠軽町で素晴らしい出会いが沢山ありました(^O^)/
  1. 2012/11/19(月) 01:19:17 |
  2. URL |
  3. 金子耕弐 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 為になりました

ゆきえさん(^-^)/
コメントありがとうございましたm(._.)m
今度、網走に行く時は、お手伝いぜひお願いしますね(^_−)−☆
  1. 2012/11/19(月) 01:22:12 |
  2. URL |
  3. 金子耕弐 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/167-462e0c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。