金子耕弐のファミリー・トーク

金子耕弐の何でもブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

正義のかけら

注目の小沢一郎氏の裁判の地裁判決は「無罪」でした。この判決には
様々な反応がありますが、僕は日本の司法にまだ正義のかけらが残っ
ていた事に正直ほっとしています。

そもそもこの事件は、土地購入資金の記載に虚偽があった事が問題視
されるとともに、小沢氏本人がこのことに故意に関わったかどうかが
争点になりました。今日の判決では、小沢氏は秘書による虚偽記載を
了承してはいたものの、小沢氏が主導的にこれに関わったという事実
を証明するだけの証拠は認められないという理由から「無罪」の判決
が出ました。つまり、疑わしいだけで人を有罪とする事はできないと
いう司法判断の常識が守られた訳です。

ところが、今回の裁判は一つ間違えば、状況証拠だけでも充分に有罪
とされるものでした。というのも、取り調べを受けた石川秘書が検察
の取り調べの不当性を暴くためにICレコーダーを密かに持ち込んだこ
とで、検察の犯罪が明らかにされ、裁判の流れが途中から大きく変わ
ったからです。小沢氏側の虚偽記載を追求していた検察が、事もあろ
うに人を有罪に陥れるために、供述調書に虚偽記載をしていたのです。
これは、とんでもない犯罪であり、こんな事がまかり通れば、法治国
家の根幹が揺るがされかねません。世の中に数えきれないえん罪が生
まれてしまうでしょう。

恐ろしい事に、こうした事がこの国の検察では、これまで当たり前の
ようになされてきたようです。一躍有名になった村木厚生局長のえん
罪事件をはじめ、こうした検察による不正がいま大きく問題視され、
取り調べの可視化の議論に発展しています。もしも、検察と利害関係
を共有するものが検察に影響力を発揮して、無実の人を不正な方法で
罪に陥れて裁判に持ち込んだらどうでしょうか?

この事件は、政治主導を推進しようとする小沢氏と官僚の戦いだと見る
見方もある訳ですが、もしもそれが背景となって小沢氏が最終的に検察
審査会から起訴されたのだとしたら、正義を守る最後の砦は裁判所の
裁判官だけです。その裁判官が今日、検察の犯罪行為を厳しく糾弾し
つつ、小沢氏の裁判については証拠不充分で「無罪」を言い渡したこと
には、あまりにも当然の事ながら僕は大拍手を送りたいと思います。
  1. 2012/04/26(木) 15:46:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanekokoji.blog33.fc2.com/tb.php/151-0d1eaa10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。